そもそも美肌ってどんな肌?

成人女性の多くは、日々スキンケアに気を使っていると思います。
毎日化粧をするなら尚更、少しの肌荒れも化粧ノリの悪さとなって、目につきやすいでしょう。
雑誌やメディアの特集でも、たびたび「美肌効果のあるサプリメント」や「効果的な美顔器」といったスキンケアに関する話題は取り上げられています。

でも、本当の「美肌」とは、どんなものを指すのでしょうか。
hadanature02

よく例に取り上げられる代表格は、やはり「赤ちゃんの肌」です。柔らかくて、白く、シミもなく、ハリがあって、みずみずしい肌。とはいえ、その反面「赤ちゃんの肌」はとても敏感で、極端に弱くもあります。
少し布に擦れただけで、簡単に擦過傷になってしまうこともあるほど。

赤ちゃんの皮膚はとても薄いため、おむつ替えの際、テープを乱暴に剥がすだけで、皮膚も破れてしまいます。また、赤ちゃんの肌は、水分量が多く、皮脂が少ないので、かぶれやすく、肌トラブルも絶えません。

つまり、なにが言いたいかというと、赤ちゃん肌にもトラブルはあるということなのです。そして、その弱さがときに美しさにも見えるということです。

美肌を保つのは大変ですが、その苦労が美肌を生み出すことになります。

脱毛も美肌を作り上げる一つのおしゃれ。
美肌を保つための方法の一つが炭酸水、もしくは炭酸での洗顔方法です。炭酸には洗顔時に大きな力を発揮します。毛穴の奥に入りこんでしまったお化粧は皮脂等の汚れを、この炭酸を使用して除きましょう。

炭酸洗顔に関する詳細は、こちらの「炭酸洗顔」のサイトがお役にたちますよ。効率的な洗顔法を導入することで、あなたのお肌を美肌に近づけましょう。