効率的な酵素のとりかた

eiyo1s

酵素ダイエットと時期を同じくして注目され始めたのがローフードです。

食材を生のままいただくことで体内の酵素を大量に取り入れ、カラダの内側から元気にしていきます。
ただ、焼いたり炒めたりしない料理法というのは現代の日本人にはなじみが薄くなっています。
野菜をたくさん食べようとしたら生野菜そのままのサラダは大変ですが、油炒めをすれば簡単に大量の野菜を取ることができます。
世界的に見て独特な日本食といえば寿司や刺身といった生魚をそのまま食する習慣ですが、これも普段は魚を生のまま食べることは少ないのではないでしょうか?

ローフード一点張りの食事法というのはいくら酵素のためとはいってもなかなか大変ということになります。
48度以上は加熱しないということになると料理法としては限られますし、もともと胃腸が繊細な日本人にとっては胃に負担を掛けることにもつながりかねません。

さらに、ローフードを続けていて冷え性や消化不良といった問題が生まれたという声も聞かれます。

こうなるといったいどうすればいいのだろうということになってしまいますが、酵素のためとはいってもやはりローフードはバランスよく自分のカラダの声を聞きながら取り入れるのがいちばんです。

今日は温かい料理が食べたいときはローフードにこだわらずに焼き料理や炒め料理にしてみたり、そのかわりおやつは焼き菓子よりもフルーツに変えてみるといった小さな工夫が酵素をバランス良く健康的に摂取する近道といえるでしょう。

もし、手軽にローフード習慣を取り入れたいのなら、酵素ドリンクがおすすめです。
生のままの野菜や果物、海藻や野草をたっぷり使用した酵素ドリンクなら、ジュース感覚で飲めて効率的に酵素を取り入れることができます。
野菜ジュースやフレッシュジュースと混ぜて飲めばさらに酵素量はアップしますし、なにより手軽なので続けやすいというメリットがいちばんです。

酵素を意識した生活は毎日継続することが何よりも大切なので、自分がやりやすい簡単な方法からトライしていきましょう。